ペニス増大サプリの選び方と比較!おすすめランキング

ペニス増大サプリの選び方と比較!おすすめランキング

世の中には、胸の大きさを気にする女性が多いですが、何も女性ばかりがコンプレックスを持っているわけではありません。

 

 

男性の方も、ペニスが小さくて悩んでいる人が多い傾向にあります。

 

 

平均的なものがどれぐらいかは明確ではありませんが、明らかに小さいと思われる人は、女性を前にしてもなかなかベッドに誘うことができません。

 

そのため、思い通りに性行為を行うことができないわけです。このような悩みは、一生つきまとうものですのでそれをコンプレックスに生きるとネガティブな人生になってしまう恐れもあるでしょう。しかしながら、解消できるコンプレックスは早めに解消をしておいた方がよいです。

 

 

ちなみに、下半身の悩みは大きさだけではなくいざ性行為を行おうとしたときに柔らかいままだったり、フィニッシュの時に全然射精しなかったりと様々な問題が考えられます。ただ大きさに関しては生まれもったものになりますので年齢とともに小さくなっていくわけではなく加齢とはまた別の問題になるわけです。

 

 

ではどのように問題を解決したらよいかといえば、噂ではマスターベーションの回数を増やせば自然と大きくなるとの話しもあります。ですが、科学的な根拠は何らなく確実に大きくなるとは限りません。

 

 

むしろ、別の部分で問題が生じてしまう可能性があるでしょう。あまり行い過ぎると、陰茎に負担がかかってしまい何らかの病気になる恐れが考えられます。

 

 

そこで、サプリメントなどを利用することで大きくすることもできるわけです。いわゆる増大サプリと呼ばれるものがこれにあたりますが、これは短期間で結果を出すのではありません。

 

よく、EDに効果があるサプリメントや薬などが販売されていますが、これは短期間で効果が出てくるものです。例えばバイアグラなどは、日本の薬局では売っていませんが医者の処方せんさえあればもらうこともできます。

 

これを利用するとのに始めてから30分後ぐらいに次第に効果が出てきて3時間持続するとされています。つまり、硬くなった状態で3時間継続して行うことができるため、EDでコンプレックスを抱いていた人にとっては非常にありがたい薬と言えるでしょう。
ですが、増大サプリの場合には即効性は全くありません。

 

 

飲んで30分後に長さが伸びてしまいかちかちになることはないわけです。ではどれぐらいで十分な成果を出すことができるかといえば、およそ3カ月ほどになります。もちろんその人の体質によって異なりますが、場合によっては半年ほどかかることがありますがおよそ3カ月から半年の間と考えておけばよいでしょう。

 

 

では、なぜこのように大きくなるのかといえばそのための成分が3種類含まれているからです。まず一つはシトルリンと呼ばれる成分でこれは血流を増大させていくものになります。もともと血流が良くなればかたくなりますので理にかなった成分と言えるでしょう。

 

 

二つ目は、アルギニンと呼ばれる成分が含まれていることがほとんどです。これはペニスを太くするためのものでかたくするものとはまた違い普段からの大きさが膨らむわけです。例えば親指ほどしかない人でも、10センチぐらいまで大きくすることは可能になるでしょう。

 

 

もちろんサプリメントですので、いくらする巨大にするといっても通常の状態で15センチが20センチになることはまずないです。逆にそこまでなってしまうものがあるとすれば副作用が心配されるところです。

 

 

三つ目は、男性ホルモンの活性化が期待できる亜鉛になります。これにより、長くなるだけでなく直径も大きくなるのが特徴といえます。実はこの3種類は、それぞれ普段の食生活から取ることができますがほんのわずかしか取れないためほとんどペニスの増大には影響がありません。そのため、いくら食生活から必死にこれらの成分をとろうと思ってもサプリメントを飲んだ方がはるかに速いことが理解できるでしょう。

 

 

これらの製品は、薬局などに売っているわけではなく個人輸入になる可能性が高いです。そもそも、そのような成分自体が含まれている商品は日本の薬局で販売することは禁止されています。日本の法律は、少し範囲が広くなり厳しい部分がありますので世界では当たり前のように使われているものでも禁止されているわけです。ただ、個人輸入の場合は特に問題ありませんので個人輸入をやっているところから購入するべきです。

 

 

気になる副作用ですが、基本的に健康体の人が副作用を起こす可能性はめったにありません。もしあるとすれば、通常決められた量の何倍かを口に入れてしまった場合でしょう。

 

では、病気を持っている場合どのような人が問題になるかといえば、高血圧の人が問題になります。なぜかといえば、シトルリンは血流の流れを早くするため高血圧の場合には倒れてしまう可能性があります。

 

あるいは動脈硬化の場合にも、避けなければならないところです。このような例外はありますが、それ以外の人は特に問題なく利用することができるわけです。

トップへ戻る